連盟規程等

HOME › 連盟規程等

連盟取り決め事項

1.かくし玉について

投手がサインを見るときは、プレートについて見ること。また球を持たないでプレートにつくことは禁じられている。プレートのすぐそばで球を持たない投手がサインを見るような動作をした場合、かくし玉は無効でボークとする。

2.足を高く上げてのスライディングについて

足を高く上げてスライディングすることは、危険防止のため禁ずることとし、現実にこれが妨害となった場合は、走者をアウトとする。

3.空タッチ

空タッチを禁ずることとし、現実に走者が進塁のとき、野手が空タッチをして走者の妨害(よろめいたり、いちじるしく速度がにぶった場合)となったときはオブストラクションとする。

4.好ましくない野次の取り扱いについて

好ましくない野次に対しては審判員、控審判員が積極的にそのチームに対し注意を与えることとする。

5.試合はスピーディに行う

  1. 2回目以後の投手の投球数は、4球までとする。ただし審判員が季節又は状況を考慮してやることは望ましい。なお、1回目と投手交代のときは8球以内とする。但し1分以内。
  2. 打者は打者席にすみやかに入って打撃体制をとること。
  3. 次打者は必ず次打者席へ低い姿勢で入ること。投手も必ず実行すること。
  4. 打者がみだりにバッター・ボックスをはずした場合、審判員はタイムをかけず投手の投球に対し正規にカウントし、ボール、ストライクを宣告する。
  5. 攻守交代はかけ足で行うこと。実行しないときは、審判員が注意を与える。但し、投手に限り内野地域内は歩いても差支えない。
  6. 投手が捕手のサインを見るときは、必ずプレートについて見ることを厳重に実施すること。
  7. 監督、主将はタイムを要求しないでみだりにベンチを出てはならない。
  8. タイムの制限
    1. 試合中選手がスパイクのひもを結びなおすためのタイムは認めない。
    2. タイムは1分間を限度とする。但し、審判員が認めたときはこの限りではない。
  9. 本塁打の場合、走者を迎えるために攻撃側ベンチからでてはならない。

6.タイムについて

タイムは、プレーヤーの要求したときでなく審判員の認めたときである。打者がタイムを要求する時は、投手が投球の構えに入る前でなければならない。また、打者は投球が投球動作に入ったら打者席から出てはならない。

7.守備側からのタイムで試合が停止されたとき

守備側からのタイムで試合が停止されたときは、そのあいだ投手は捕手を相手に投球練習をしてはならない。

8.ボークについて

軸足をはずすのと、両手を放すのが一挙動の場合、ボークとしない。

9.塁上に腰をおろす行為について

プレーヤーが塁上に腰をおろすことを禁じる。

10.1イニングに監督が二度目に投手のもとに行くとき

1イニングに監督が二度目に投手のもとに行くときは、投手を交代させるときである。

ページの先頭へ

試合運営要領及び注意事項

1 採用規則

平成20年度全日本軟式野球連盟公認野球規則

2 審判

球審   登録された審判員
塁審   審判部において割当する審判員

3 抗議

抗議は原則として認めない。もし行う場合は監督又はキャプテンを通じて行うこととし、当事者の抗議は認めない。

4 試合回数

  • 7回とする。但し3回以後10点及び5回以後7点差以上となった場合コールドゲームとし、延長戦は9回まで行う。但し、準決・決勝戦は、コールドゲームは行わないこと及び、延長戦に入った場合の試合運用については審判長に一任する。
  • 同点時間切れの場合は、9人ジャンケンで決める。
  • 試合時間は1時間30分以内とする。(1時間30分を経過後、次ぎのイニングに入らない)但し、準決勝、決勝戦は2時間以内とする。

5 ベンチ

  • 早い番号のチームを1塁側、遅い番号のチームを3塁側とする。(ベンチ内へは女子、子供は入れないこと)
  • スコアラーは1名のみ私服で認める。スコアラーは女性でもよい。

6 集合

  • チームは試合開始予定時刻30分前に指定された球場に集合し、試合開始10分前までにメンバー表2通を運営委員に提出届け出ること。
  • 万一試合開始予定時刻までにチームが到着せず、また届け出がない場合は不出場とみなし、不戦負とする。また棄権の場合は事前に連絡すること。
  • 相手チームが棄権の場合は、不戦勝チームは9名以上の選手がホームベース前に整列して主審のコールを受けなければならない。それに反した場合は、棄権とみなす。無断棄権の場合は、次ぎの大会の出場資格を失う。
  • 監督又は主将のいずれかがいない場合は、そのチームの出場を認めない。

7 フィルディング

フィルデイングは原則として行わない。時間の余裕があると審判が認めた場合は、許可することがある。

8 試合球

大会の試合球は、各出場チームが1試合につき全日本軟式野球連盟公認球ケンコーボールA号球の新球3球を持参すること。(審判員が使用可能と認めたもの)

9 コールドゲーム

日没時・降雨の時の場合、コールドゲームを採用する。

10 ボール拾い

ボール拾いは両チームで行う。また試合球が汚れた場合は、攻撃側チームが汚れを落とすこと。

11 役員以外は本部席への立ち入りをしない。

12 試合当日雨天の場合

   試合当日が雨天の場合は、連盟事務局及び審判部と協議の上、第1試合のチームに連盟
   事務局より電話にて連絡を入れますので、チーム責任者及び緊急連絡の担当者は常に連絡
   が取れる体制にしておいてください。またホームページで雨天中止情報を掲載しますので
   第2試合以降のチームは、ホームページでご確認ください。

13 その他の注意事項

  • ユニフォームの統一(運動靴は不可、スパイクは色を統一)
  • 打者及び走者はヘルメットの着用を義務づける
  • 捕手はレガース及びヘルメットの着用を義務づける
  • グランドをゴミやタバコの吸いがらなどで汚さないようにすること。
  • 試合雰囲気を壊すような「やじ」は粛むこと。

15 ヘルメット、レガースの着用について

打者・走者はヘルメットの着用を、捕手はヘルメット及びレガースの着用を義務づけます。(違反した場合は試合に出場できません。)

16 試合の先攻・後攻について

組み合わせ表で、早い番号のチームが先攻、遅い番号のチームが後攻となります。(準決勝戦・決勝戦は除く。)

ページの先頭へ

試合運営要領及び注意事項の追加

瀬戸内軟式野球大会期間中は、特に下記事項を厳守して下さい。

大会使用球場は、町役場・企業及び地元住民の方々が管理されていますので、絶対迷惑をかけないよう各チーム各選手及び同伴者に注意事項の周知徹底をお願いします。

1.試合の棄権について

試合当日やむなく棄権する場合は、試合前々日の金曜日15時までに連盟事務局まで連絡をして下さい。無断棄権のないように協力をお願いします。

電話 (086)256−8406 <加計学園総合企画室内>

2.駐車場

大会参加者の車は、路上駐車を一切禁止します。所定の駐車場に駐車して下さい。

3.球場の所在を各選手に明確に伝達して下さい。

(球場案内図参照)

4.指定された場所(球場内)以外での練習を行わない。

(駐車場、通路、その他支障のある場所)

5.喫煙

喫煙に関してはグランド内は禁煙を厳守し、その他の場所での喫煙に関しては責任を持って吸殻の処理(持ち帰る)を行うこと。

6.ゴミ処理

各球場ともゴミや食べ残し、タバコの吸殻などで汚さないよう責任をもって対処し、グランドの美化・清掃にあたってください。ゴミは各チームごとに全て持ち帰るようお願いします。

7.附属設備

バックネット・ベンチなど附属設備は大切に使用すること。

8.試合の前

試合の前、使用許可以外のグランド及び周辺で練習をしないように注意して下さい。

9.トンボ掛け

球場使用後は勝利チームがトンボ掛けをすること。

10.大会期間中の事故について

大会期間中の事故について、連盟事務局はその責めを負いません。従って各チームは、スポーツ傷害保険などに加入を済ませておくようお願いします。

11.連盟が本大会に不適当とみなしたチーム

連盟が本大会に不適当とみなしたチームは、今後の大会に出場できないことがあります。

12. 選手の変更・追加

抽選会以降の、選手の変更・追加は一切受け付けません。
総会・抽選会の1週間前までに連盟事務局に申し出てください。

13.注意事項

全日本軟式野球連盟の新公認球(新型ケンコーボールA号球)を参加チームは、1試合につき3球を準備してください。

14. その他

  1. 登録人数は、監督および主将を含めて25名まで登録できます。
  2. プロ野球退団者の登録は、退団後1年を経過した方に限り登録できます。
  3. 登録選手は、社会人に限ります。(学生は不可)
  4. 大会出場を棄権した場合、理由の如何にかかわらず登録・参加費の返金はできません。
  5. 大会期間中の事故・怪我等につきましては、連盟事務局はその責任の一切負いませんので、各チームでスポーツ傷害保険等に加入するようお願いします。
  6. 大会期間中は連盟事務局の指示に従って下さい。指示に従えない場合は(当大会に不適当だと思われるチーム)は出場を辞退していただくことがあります。なお、参加・登録費の返金はできません。
  7. 登録選手に変更がある場合は、総会・抽選会の1週間前までに、連盟事務局まで申し出てください。
ページの先頭へ