トップページ > ニュース&トピックス >【柔道部】中国大会で準優勝!

News&Topics 学校法人加計学園 岡山理科大学附属中学校・高等学校(中高一貫コース)


【柔道部】中国大会で準優勝!

 8月9〜10日に鳥取県立武道館(米子市)で行われた中国大会において、女子柔道部が準優勝を飾りました。
 無難に予選リーグを突破した理大附属チームは、準決勝で大会3連覇を狙った中広中(広島)と対戦しました。先鋒のキャプテン大塚が有効を奪取して先取点を挙げました。中堅近藤は善戦むなしく一本負けを喫し、1対1ながら内容でリードを許す苦しい展開となりました。大将大森の相手は100kgを超す巨漢選手でした。大森は序盤に投げられて技有りを奪われましたが、その後鮮やかな払い腰で技有りを奪い返し、そのまま抑え込んで一本勝ち。2対1の逆転勝利で部発足以来初めての決勝進出を果たしました。
 決勝では近藤は引き分けましたが、2枚看板の大塚と大森がともに敗れ、0対2で安佐中(広島)に屈し初優勝こそ逃しましたが、見事に準優勝を果たしました。
 個人では、大塚(70s)、大森(70s超)、西嶋(52s)がそれぞれ3位に入賞しました。全国中学校大会に向けての手応えを感じた大会でした。

【団 体】
予選リーグ  理大附属A−0中  山(鳥取)
理大附属B−0青  陵(島根) 2戦2勝でリーグ突破

決勝トーナメント
準決勝  理大附属A−1中  広(広島)
決 勝 理大附属0−A安  佐(広島) 準優勝


【柔道部】中国大会で準優勝!